毛先 パサパサ

髪のパサつきは傷みによる水分不足

カラーリングや縮毛矯正をしていて、
どうしても毛先がぱさぱさになってしまいますよね。

 

髪のパサつきというのは髪の傷みが原因です。

 

 

 

髪はカラーリングなどで傷みますが、そのほかにも
紫外線、タオルで水気をとるとき、
寝ているとき枕での摩擦などでも傷んでいくと知っていましたか?

 

そして、その中でもダメージを与えるのがシャンプー。

 

あなたが今使っているシャンプーはどんなシャンプーですか?

 

もし以下のポイントに当てはまっているのであれば、
そのシャンプーを使い続けると、毛先のパサつきは悪化していき、
いずれ、髪全体がまとまりにくい
ぱさついた髪になってしまうかもしれません。

 

そのポイントとは、
シャンプーの成分表を見るとわかります。

 

まず最初は水と表記があります。
重要なのはその次です。

 

それはシャンプーのメインの成分となる洗浄剤です。

 

市販のシャンプーのほとんどが、
ラウリル硫酸〜、ラウリル硫酸〜という成分のはずです。

 

実はこれらは刺激の高い洗浄剤なので、
縮毛矯正、カラーリングで常に髪を傷めるメニューを行っているかたは
極力さけたほうが良い洗浄剤なのです。

 

このように傷んでいる髪には、
アミノ酸系の洗浄剤が適しています。

 

もし、気になるのでしたら、
あなたの通っている美容室で聞いてみて下さい。

 

恐らく口をそろえて、アミノ酸シャンプーというでしょう。

 

そしてもう一つのポイントはシリコン入りかどうかです。

 

ノンシリコンかシリコンいりがイイかは実は、
人の好みにより使い分けていいそうです。

 

もし今使っているシャンプーがノンシリコンを使っていて、
パサついてしまっているなら、
シリコン入りのものを使ってみるのも一つのポイントです。

 

シリコンは傷んだ髪にそれ以上摩擦などでダメージを受けないように
コーティングしてくれる役割を持っています。

 

なので、タオルで水気を取る時、
枕の摩擦からも
守ってくれるのです。