ノンシリコンシャンプー ぱさつく

ノンシリコンシャンプーって思ったほど良くないじゃん・・・

ノンシリコンシャンプーが流行っているから、
試してみたという方はおおいのではないでしょうか?

 

でも実際に使ってみると、
ノンシリコンはぱさつきやすい、
きしみやすいという残念な口コミが多いのも現状です。

 

それはなぜなのでしょうか?

 

なぜノンシリコンはぱさつく?

 

そもそもシリコンってなんなの?
という方に少しカンタンに説明します。

 

シリコンは髪をコーティングして、
摩擦によるダメージを軽減してくれる役割があります。

 

指通りが良くなるので、切れ毛などの予防になります。

 

だから、シリコンが入っていなければ、
キューティクルが開いてけばだっている髪が
むきだしになってしまい、まとまりにくくなり
それが広がりやすくなってしまうのです。

 

つまり傷んでいる髪、
キューティクルが開いてしまっている髪には、
シリコンはあったほうがいいのです。

 

「じゃなんでそのシリコンが最近悪いみたいになっている?」

 

それは調べて見るといろんな
大人の事情が絡み合っているということがわかってきました。

 

まず一つ目は、シリコンの原材料の価格が上がってきている。
大手のメーカーはCMや宣伝にとてもお金をかけていますよね。

 

つまり、あまりシャンプー自体にお金をかけられないそうなんです。

 

そこで、指通りをよくするシリコンを減らすために、
シリコンは毛穴につまるというようなイメージを大きくし、

 

シリコンが入っていない方が、良いシャンプーというイメージづくりに
成功したということなのです。

 

でもシリコンが入っていると確かに、
頭皮が重く感じるんですよね。

 

私は初めてノンシリコンシャンプーを使った時、
とても洗い上がりがさっぱりと軽く仕上がったことを覚えています。